きじ工房について

私たちの考え

鬼北きじ工房より

日本では、昔から高級な食材としてきじ肉が食べられていました。しかし、里山等の環境や食生活の変化とともに食べられる機会が減ってしまいました。
鬼北きじ工房では、四万十川上流域の自然豊かな環境で、きじの飼育を行い、「古の味を食卓へ」のスローガンのもと、安心・安全で美味しいきじ肉をお届けいたします。

これまで、今後…

愛媛県鬼北町では、平成4年から地域振興の柱となる特産品として、「きじ」の飼育を約500羽規模でスタートしました。
販売当初は、全国的にも珍しい食材であったため、きじ肉の認知度は非常に低く大変苦戦をしていました。

イベント出店等、地道なPR活動で、きじ肉の美味しさや、「鬼北熟成きじ」として加工するまでのこだわりを発信していくうちに、少しずつお客様が増え、認知度も高まってきました。
さまざまな食材を扱っている料理人の方々が、数ある食材の中から「鬼北熟成きじ」を選んでお店に出してくださったり・・・
個人の方が自分用に買って食べてみたらあまりに美味しかったので、贈り物にしたいと再度ご注文してくださったり・・・
このような皆様に支えられ、今日の鬼北きじ工房があるのだと、改
めて感謝の気持ちでいっぱいです。

販売数も年々増えてきており、現在では雉の飼育羽数も13,000羽まで伸びてきました。
今後は、鬼北町の人口流出の歯止めと雇用の拡大を目標に、3万羽規模の産地形成を目指してまいります。
そして、すべてのお客様に笑顔で手に取っていただけるこだわりの「鬼北熟成きじ」、鬼北町の顔となるべき商品作りを続けていきます。

会社概要

会社名
一般社団法人鬼北町農業公社 鬼北きじ工房
代表者
理事長 兵頭誠亀
所在地
愛媛県北宇和郡鬼北町大字延川1166番地
連絡先
TEL 0895-48-0771 FAX0895-48-0772
メールアドレスshop@kihoku-kiji.net
資本金
10,510万円
設 立
平成9年3月12日
主たる業務
・特産品の調査研究及び販売
・農作業の受委託
・農業の担い手育成のための研修
・農業施設及び農業機械の貸付
従業員数
15名
出資者
・鬼北町
・えひめ南農業協同組合
・鬼北町営農組合連絡協議会
役員構成
理事6名(うち理事長1名、副理事長1名)
監事2名
年 商
8,147万円(平成26年度)

スタッフ

私たちが衛生面に特に気を付けながら、処理・加工から販売までを行っています。食べていただいた皆様が笑顔になっていただけるよう、安心・安全はもちろんのこと、美味しいきじ肉をお届けいたします。